博物館実習Ⅰ(動物班)その42015年06月21日 23:56

 今日は日曜日だが博物館実習Ⅰ。天白川沿いで動物調査。地下鉄・平針駅9:10集合で地上に出たら大雨。まずは日進市側の水田地帯でケリなど何種か鳥を観察。川は雨で増水してきて、鳥は少ない。下流に向かって約2時間歩いて、ようやく植田川合流点へ着いた頃には雨が上がる。少し早いが昼食。
 午後も天白川沿いを下り、野鳥観察。まだ川は水かさが高く、鳥の個体数は少ないが、ササゴイ、コチドリ、イソシギ、カワセミを含め、主な水辺の鳥は一通り見られた(はず)。
 予定では大高付近まで下る予定であったが、野並を越えたくらいで天白川調査は切り上げ、伝治山のサギ・コロニーへ。路線バスの時刻の関係で日没前に調査を切り上げなくてはならなかったが、夕方にコロニーを出入りするサギ類のカウントを4班に分かれて実施。意外にも遅い時刻まで結構な数のシラサギ類がコロニーを出ていった。東側でカウントした班は、おそらく市外の水田地帯から帰って来る多数のサギ類のカウントで超多忙だったようだ。