ICサギ調査2015年06月20日 23:59

 今日の夕方は日本野鳥の会愛知県支部のサギ・コロニー調査に学生と共に参加。今回は自身もコロニーに戻って来るサギのカウント。多くは隣の班の調査範囲に流れて行って、カウント対象となったのはほとんどがコサギと巣材運びで出入りするゴイサギ。

いのちの森鳥調査2015年06月20日 23:53

 今日は京都市梅小路公園の復元型ビオトープ「いのちの森」の鳥調査へ。今回もその前に京都駅ビルの「緑水歩廊」の動物調査も。昆虫はアシナガバチの仲間やヨコヅナサシガメ、アオスジアゲハ、他に小型の双翅目昆虫がいくらか。クモはイエオニグモグモ、クロガケジグモともう何種か。
 9時半頃から「いのちの森」の鳥調査。天気は悪くないが、時期的にさえずりも減ってきて、全般的に低調。11時ごろに辞す。

生環実習E(学内樹木)2015年06月19日 23:59

 今日は1年生Eクラスの生物環境実習で、午前中はY先生と共に学内樹木観察。樹木の識別ポイントやY先生による植物画の描き方の簡単な説明の後、2班に分かれて1時間ほど学内樹木を観察・採集。3年生の演習と違って、あまりたくさんの樹種を見て回れず。部屋に戻って、各人2種の植物画を描かせるが、かなり時間がかかり、昼食時間を越えて、最終的に14時まで延長。

博物館実習Ⅰ(動物班)その32015年06月18日 23:59

コウベモグラ
 今日の5・6時限目は博物館実習Ⅰ。朝に昨日の残りの平針から植田川合流点までの天白川を下見。日進市側の水田にはケリは多い。しかし、天気のせいもあってか、川に鳥影は薄かった。やはり日進市側だが、堤防道路上にコウベモグラの死体があった。
 夕方の博物館実習Ⅰは、先日のネズミの計測値データの扱いなどをやってから、週末の天白川動物調査の地図準備や事前学習など。学芸員課程の展示コーナーに置くものを何か作らねばならないので、石膏による足跡標本採取を練習してみたが、固まるまで時間かかりすぎで、移動しながらはとても無理。。。

天白川下見2015年06月17日 23:58

天白川
 今日の午後は、今週末の博物館学実習Ⅰ(動物班)の下見で、天白川沿いを植田川合流点から下流に向かって歩いてきた。出発がやや遅かったので、日没過ぎまでかかって、まだ河口にはたどり着けず、東海市との境の千鳥橋までで断念し、20時頃に名鉄・柴田駅から電車に乗って(途中、別件調査をやってから)帰ってきた。
 ササゴイとコチドリがちらほら。コアジサシは1羽のみ。サギの帰巣時間と重なり、上空をサギ類が次々通過。ダイサギを中心に、名古屋市街の方向から伝治山コロニーに向かって飛んでくる。下流の方へ行くと上空通過するコサギが増えた。

「緑地材料学」第10回2015年06月17日 23:56

 今日は「緑地材料学」講義の第10回。樹木テストは80点満点で平均66.0点は点(±18.45 S.D., n = 47)、満点は6名。本日の講義内容は「地被植物・竹笹類・芝生」。基本樹種の解説に加えて、地被植物も数種、学生に解説してもらった。

教育実習訪問指導2015年06月15日 23:58

 今日の午後は大府市内の中学校へ行って、教育実習をしている研究室の学生の研究授業の見学。大府市はまだまだ人口・生徒数が増えていて、少子化問題はないようだ。
 夜は城山の灯火採集今年度第1回目。

博物館実習Ⅰ(動物班)その22015年06月14日 23:22

 今日は日曜日だが、博物館実習Ⅰ。なごや生物多様性センターにお世話になって、1日がかりで小型哺乳類の仮剥製と頭骨の骨格標本製作。

実習地測量(続)2015年06月13日 23:35

 今日も豊田市自然観察の森の実習地へ行って、院生・卒研生と共に、前回測量を誤ったところを再計測。少し雲が出ていて助かった。最後に検土杖も使ってみる。地表面の色とA層の有無との対応がはっきりわかる。

生環実習(森林の調査)F2015年06月12日 23:56

伐採・落ち葉掻き区
 今日は豊田市自然観察の森周辺地域の実習地へ行って、1年生Fクラスの森林調査実習。朝のうちは雨であったが、現地到着までに上がる。午前中は毎木調査と萌芽枝調査。
 午後は昆虫・土壌動物調査を横目に、暑い中、コナラ実生にナンバーテープ付け。