ランドスケープ遺産百選2015年03月30日 23:12

 (公社)日本造園学会・中部支部で編集した『ランドスケープ遺産百選 中部編Ⅰ~人のつくった風景~』が発行されました。頒布方法は、後日、(公社)日本造園学会中部支部のウェブサイトで案内されることでしょう。

東おうみ2014年07月26日 23:57

能登川水車
 今日の午後は、近江八幡へ行って、水草の先生の告別式。3月に琵琶湖湖岸本編集会議でお会いした際も弱気であったが、8月の編集会議でも水草と水鳥の関係の議論がまたできると思っていただけに残念。
 その後、Sさんと伊庭内湖や能登川博物館に寄ったりしてから、米原で湖岸本の水鳥の項の執筆方針相談。

琵琶湖本検討会議2014年02月20日 23:54

 今日の午後は、滋賀県琵琶湖環境科学研究センターにて新たな琵琶湖本出版に向けた検討会議。議論は尽きず、続きはまた来月に。地形学の知見は面白い。

おすすめの公園2013年10月07日 23:47

 月刊誌ソトコト11月号の特集は「おすすめの公園」だとのことで覗いてみたら、万博記念公園(吹田市)や梅小路公園(京都市)も「自立した森」や「いのちの森」の調査も含めて紹介されていた。愛知県内では城山公園(尾張旭市)、岐阜県内では学びの森(各務原市)と奥飛騨平湯温泉大滝公園(高山市)、三重県内では上野森林公園(伊賀市)が紹介されています。

サシバ本2013年09月11日 23:56

 ミサゴ本の続巻である『フィールドガイド 日本の猛禽類 vol02 サシバ』(オールカラー29ページ)を著者の一人Sざき氏からいただきました。今週末の鳥学会大会で(若干の)割引販売される予定。ミサゴ本も増刷されて販売されるとのこと。(美術部からお借りしたイーゼルも使って、原画も展示される予定。なお、講演要旨集の表紙画・挿絵も展示予定。

 鳥学会大会準備は大詰め。今日は買い出しをしたり、必要備品の数量チェック。

生きもの日誌 <5> シジュウカラ2013年08月16日 23:37

シジュウカラ
 シジュウカラについて2ページ分の雑文を書いたグリーン・エージ8月号(一財)日本緑化センター発行)が発行されました。
 連載「生きもの日誌」では、3年間に渡り、7名の執筆者が交代で、毎月1種の動物を紹介していく予定。鳥類は7回分もあって一人で執筆を引き受けるのを渋ったところ、Sさんに半分以上担当していただけることになり、私は年1種の執筆予定。

HBW Alive2013年07月30日 22:30

 今年6月に全17巻が完結した『Handbook of the Birds of the World』(世界の鳥の大図鑑)がオンラインで見られるようになっていました!
 入会金20ユーロ(今なら創立購読メンバーとして入会金無料になるらしい!)、年会費は Basic 購読で29.95ユーロ、Supporting 購読(引用文献の PDF も一部見られるようになるらしい)で44.95ユーロ。これならば書籍を購入するよりも、出費もスペースも小さくて済みます(あと70年も生きる予定はないので・・・)。画像や動画、鳴き声の音声もあります。Google 翻訳ボタンが付いていて和訳もできるけれども、やっぱり日本語になっていない。。。

鳳来寺山自然科学博物館2013年05月04日 23:50

鳳来寺山
 今日の午後は、豊田(足助)、設楽の山中を抜けて豊川を下り、新城市の鳳来寺山自然科学博物館へ。途中、R153の中央分離帯ではオオキンケイギクが咲き始めていました。標高の高いところは今が桜の季節。オオルリ、サンショウクイといった夏鳥のさえずりが聞こえたほか、アナグマが道を横切って行きました。
 鳳来寺山自然科学博物館は、コノハズクはもちろんのこと、地質の展示が充実。寄贈された地元の植物標本も多数所蔵されているようです。保護されたオオコノハズクが4羽飼育されていました。主目的であった昨春出版の『愛知県樹木誌』も入手(自費出版のため、ここのミュージアムショップと豊橋市内の1軒の本屋でしか扱っていないらしい)。
 夕方に豊田市足助の山中のS氏のカワネズミ調査地を訪ね、一緒に暗視カメラを設置。赤外投光器の光量は充分で、きれいに撮影できそうですが、あとは上手くフレームに収められるかどうか。21時半頃に辞して、下山。途中、キツネが道を駆けていました。

「緑地環境学」第10回2012年12月04日 23:01

 今日は「緑地環境学」講義の第10回。今日のテーマは「日本と世界の森林問題」。昨夜はこの講義に間に合わせるために(?)『神去なあなあ日常』の続編、『神去なあなあ夜話』を読破したり(でも林業問題の話題が前作より少なかった・・・)、昨日まで締め切りを延ばしてもらった原稿執筆で徹夜に。。。

ミサゴ本2012年11月06日 23:55

 先週刊行されたばかりの『フィールドガイド 日本の猛禽類 vol01 ミサゴ』を著者の一人Sざき氏からいただきました。続巻にも期待。