GIS講習会12013年06月12日 23:59

 今日の2時限目は2年ぶりにGIS講習会。今回の受講者は他研究室の学生ばかり。昨夜のうちに研究室のPCのArcGISを10.1にバージョン・アップして今日に間に合わせたが、自分自身がまだ10.1をほとんど使っていない。短期の詰め込みでは疲れるし身につかないので、週1回で数回に分けて進めていく予定。その間に自身も新たな操作に慣れねば。。。今日は(GISを使いたいと言った張本人が不在なので・・・)ソフトウェアのインストール方法や構成、ベクター・データの地図表示等について説明・実演したくらいで終了。

生きもの情報登録フォーム稼働2013年06月05日 23:28

 今日の夜は、なごや生物多様性センターへ行って、なごや生物多様性保全活動協議会のデータベース部会。ようやく「環境の日」の本日より、インターネットを介して市民から外来生物を中心とした生きもの分布情報の募集する「生きもの情報登録フォーム」が稼働。情報の募集対象種は、ほ乳類(アライグマ、タヌキ、ヌートリア、ハクビシン)、鳥類(ソウシチョウ)、は虫類(イシガメ、クサガメ、ニホンスッポン、ミシシッピアカミミガメ)、植物(オオキンケイギク、外来スイレン)の計11種。多くの情報をお寄せ下さい!ある程度情報が集積された段階で、分布図公開システムも稼働する予定。

 その後、協議会定例会で、雨池ホタルの会とDNAバーコーディングの二題の話を聴講。

標高がわかるWeb地図2012年06月18日 21:53

 国土地理院が「標高がわかるWeb地図」を試験公開しました。「マウスをクリックするだけで知りたい場所の標高がわかります」とのこと。右クリックで次々とポイントを落とした上で「情報表示」ボタンを押すと、十進緯度経度と標高のカンマ区切りリストが表示されて、なかなか便利。

生物情報DB打ち合わせ2012年03月09日 23:59

 今夜はなごや生物多様性センターでなごや生物多様性保全活動協議会の「生物情報モニタリングデータベース作成業務」について、業者との打ち合わせでした。(予算面がネックではあるけれども)公開イメージについては、だいぶ固まってきたのでは。。。
 担当のI氏は今夜は名駅近く泊ということで、遅くまであれこれ話し込んでいたら、終電ぎりぎりに。。。

生物情報DB打ち合わせ2012年01月31日 23:52

 今夜はなごや生物多様性センターでなごや生物多様性保全活動協議会の「生物情報モニタリングデータベース作成業務」について、業者の担当者との打ち合わせでした。こちらのイメージは伝えましたが、少ない予算とシステム管理者となる人のレベルを低く想定しないといけないのとで、どこまでのものができるやら。

国土数値情報 土地利用細分メッシュ2011年08月26日 23:56

 今週は3日間の缶詰会議の後、3時期の国土数値情報土地利用細分メッシュデータのksjToolによるXMLファイルのシェープ・ファイル化によるGISへの取り込み、図幅の繋ぎ合わせ(マージ)、投影変換、ラスタ・データ化作業。ラスタ化してしまうと大したことがないのだけれども、元データはひとつあたりのファイル・サイズが巨大なので扱いがなかなか大変でした。
 最新の土地利用だけを細かく見るならばだいち高精度土地被覆図を見ればよいのだけれども、過去との比較をするには、100mメッシュではあるけれども、こちらがまだまだ有用そうです。

「なごや減災プロジェクト」2011年08月01日 23:11

 今日から名古屋市は株式会社ウェザーニューズの運営するウェブサイトで市民参加型の減災情報を共有するためウェザーニューズ「なごや減災プロジェクト」なるWeb GISを公開したそうです。なごや生物多様性保全活動協議会では外来生物の市民通報システムを検討中ですが、うまく便乗できないかな?

世界の森林分布2011年07月07日 22:11

GE forest mask
 今年は「国際森林年」ということで(?)、EUがグーグルアースで表示できる世界の森林分布図 GE forest mask空間解像度は赤道上で300m)を公開したそうです。2009年版と2005/2006年版があります。分析には使えませんが、世界の森林分布状況を眺めることができます。
 JAXAも昨年、空間解像度10mの全球森林・非森林分類図をPALSARを用いて作成していますが、GISやグーグルアース等で表示・分析できる全球分のデータを公開してもらいたいものです。

ALOS停止2011年04月23日 23:39

 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)が昨日で電源オフとなって停止してしまったそうです。後継機「ALOS-2」はすぐには打ち上がらないようで、新規撮影画像はしばらくは空間分解能と青色バンドを諦めて、ASTERでやっていくしかないのでしょうか?SPOT-5IKONOSQuickBirdは価格が高すぎ。。。

GIS講習会2011年04月06日 23:14

 今日は10時から17時まで環境動物学研究室(教員、ポスドク含めて4名)とランドスケープ・デザイン学研究室(1名…)の合同でGIS講習会。今年も主に白川郷周辺のデータを使って、1日間で詰め込みの演習に。。。やはり最後は疲れてきて、いくつかの項目を端折ることになってしまいました。
  • 地理情報システム(GIS)
  • GISソフトウェア
  • 既存地図の表示
  • 座標系
  • 数値地図の利用
  • 地形解析
  • GPSデータの取り込み
  • 地図の自作(新規フィーチャの作成、紙地図の取り込み)
  • 検索(空間検索、属性検索)
  • 空間演算(バッファの作成 、距離の検出、ラスタ-ベクター変換 、ラスタの再分類 、ラスタ演算)
  • 空間解析(ゾーンの統計情報、クロス集計)

 Arc View 10になって便利になった面も結構あるようですが、まだバージョンアップしたばかりで、以前と異なる操作にとまどうこともしばしば。また、研究者が開発したツールはまだ10に対応していないものもあって、動物の行動圏解析の演習ができませんでした。