JILAC常任運営委員会2015年07月05日 23:42

 今日の午後は名駅サテライト・キャンパスに行って、造園学会中部支部常任運営委員会と、『ランドスケープ遺産百選 中部編Ⅱ』に向けた中部地方のランドスケープ遺産百選選定委員会。今年度はとりあえず百選第2弾の編集・校正作業に忙殺されることはなさそうだ。

JILA20152015年05月24日 23:59

 期日に遅れていた論文査読を徹夜で仕上げ、5時半発で9時に東大農学部へ行って、平成27年度日本造園学会全国大会90周年記念大会)に参加。とは言え、中部支部で発行した本『ランドスケープ遺産百選 中部編Ⅰ』を名古屋からキャリーケースで80冊運び、販売員を終日務めてきただけ。今日は30冊近く売ったり寄贈したりできたが、2日間で昨日のうちに他の先生に運んでいただいた分の冊数を少し上回っただけで、78冊を持ち帰って来ることに。。。

Eクラス演習:樹木実習2015年05月11日 23:53

 今日の2時限目のEクラスのランドスケープ・デザイン演習は、学内を廻って樹木の葉をサンプリングして、スケッチ(は持ち帰って)。今回は北館・研究実験棟Ⅰを時計回りに。以下は葉をサンプリングした樹種のリスト(ほぼ採集順)。
    ヤマボウシ、ケヤキ、アラカシ、クスノキ、クロガネモチ、サルスベリ、ヤマモモ、コナラ、ヒイラギナンテン、ヒメユズリハ、モモ、ヤマグワ、イスノキ、コクチナシ、ジンチョウゲ、ハナミズキ、ムクノキ、エノキ、サンゴジュ、ヌルデ、トウネズミモチ、サザンカ、オオシマザクラ、サツキツツジ、ヘデラ、ヒラドツツジ、アジサイ、ツバキ、カキノキ、ムクゲ、ヤマザクラ、マテバシイ、ピラカンサ、コブシ、アカメガシワ、ソメイヨシノ、ノイバラ、ミカン、ヤツデ、シラカシ、カツラ(41種)

Fクラス演習:樹木実習2015年05月07日 23:46

 今日の2時限目のFクラスのランドスケープ・デザイン演習は、学内を廻って樹木の葉をサンプリングして、スケッチ(は持ち帰って)。以下は葉をサンプリングした樹種のリスト(ほぼ採集順)。
    ヤマボウシ、ケヤキ、メタセコイア、ヒラドツツジ、シラカシ、アラカシ、ヒイラギモクセイ、ヤマモモ、シャリンバイ、エノキ、マサキ、キヅタ、クロガネモチ、サツキツツジ、ハマヒサカキ、イヌツゲ(マメツゲ)、ハナゾノツクバネウツギ、トベラ、シマトネリコ、ヘデラ、イロハモミジ(園芸品種)、ロウバイ、クロマツ、ウメ、コブシ、ネズミモチ、コウヤマキ、クスノキ、ヒトツバタゴ、モッコク、マンリョウ、ウスズミザクラ、トウジュロ、アメリカフウ、ホソバヒイラギナンテン、ヒイラギナンテン、キャラボク、エゴノキ、キンモクセイ、イチョウ、イロハモミジ、ソメイヨシノ、ヒイラギ、クサギ、タブノキ、ヤツデ、トウネズミモチ、サンゴジュ、ミカン、ヒメユズリハ、コナラ、カツラ、サザンカ、コクチナシ (54種)

伝治山サギ・コロニー2015年04月19日 23:52

 今日の午前中は、昨日に引き続き、日本野鳥の会愛知県支部の方たちと来名中の鷺師と共に名古屋市緑区内のサギ・コロニーを見学。博物館学芸員課程の実習でサギを調査させようと画策中。
 稲沢のサギ・コロニーにも行く方たちとは昼前に分かれ、午後は名駅サテライトキャンパスにて造園学会中部支部常任運営委員会。キャリーケースいっぱいに百選本を詰めて持って行ったが、売れ残って持ち帰り。

ランドスケープ遺産百選2015年03月30日 23:12

 (公社)日本造園学会・中部支部で編集した『ランドスケープ遺産百選 中部編Ⅰ~人のつくった風景~』が発行されました。頒布方法は、後日、(公社)日本造園学会中部支部のウェブサイトで案内されることでしょう。

JILA論文集委員会2015年01月24日 23:59

今日の午後は東京・渋谷へ行って造園学会論文集委員会でした。

JILAC常任運営委員会2015年01月12日 23:57

 今日の午後は名駅サテライト・キャンパスに行って、造園学会中部支部常任運営委員会と中部地方のランドスケープ遺産百選選定委員会。百選出版は年度内に間に合うのか(私の仕事次第?)。

JILA論文集委員会2014年12月20日 23:49

 今日の午後は東京・渋谷へ行って造園学会論文集委員会でした。

名古屋城2014年11月30日 23:57

名古屋城(とコブハクチョウ)
 今日の午後は、本に使う写真を撮りに名古屋城へ。目的の一つは名城公園の全景を撮るためなので、エレベーターを使って、まずは展望フロアへ。庇も写ってしまうし、全景は難しいが、紅葉した名城公園を俯瞰したまずまずの写真が撮れた。今朝のC新聞で紹介されていた、「スマホで見よう!名古屋城」も使ってみたが。。。
 その後、一通り展示室を通過してから、お堀の水鳥観察。いちおう目当ての構図のカモの写真は撮れたが、ちょっと遠かった。次はカモメ類も撮らなくちゃ。
 以下、観察できた水鳥。
    ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、(コブハクチョウとアヒルも)