「緑地材料学」期末試験2012年07月25日 22:44

左上:定期試験得点分布、左下:定期試験正規Q-Qプロット、右上:合計点分布、右下:合計点正規Q-Qプロット
 今日は「緑地材料学」の期末試験でした。50点満点の定期試験の平均点は30.6±5.91 S.D. 点(n = 54)。かろうじて6割。やっぱり皆さん、講義・演習をまともに聴いていなかった。。。過去問と同じ問題以外はボロボロ。ちゃんと復習して、正解を確認しておきませう(問2はryokuzai07.pdfのp8を見よ)。正門周辺改修案はもう少し力作を期待したのですが、、、彩とりどりである必要はないけれども、いかんせん頭にイメージが入っている樹種が少ない(過去問対策用の花期順の樹種リストの流用者も多数・・・)。最高点は41点(残念ながら、ランドスケープ・デザイン学研究室配属予定者ではない)、最低点は9点。

 樹木小テストや樹木解説の得点分も合わせた100点満点の合計点の平均点は70.9±11.30 S.D. 点(n = 54)。最高点は86点で2名(こちらの2トップの一角は何とか当研究室配属予定者が占めたが、もう1名は昨年度の「緑地環境学」に引き続いて2トップの一角を占めたものの、残念ながら当研究室配属予定者ではない)、最低点は37点。不合格者は7名。こちらにも残念ながら、当研究室配属予定者が。。。

 樹木テスト成績上位10名には、今年度は2,3年前と同様、大阪みどりのトラスト協会の葉っぱのピンバッジを(試験が終わった人から早い者勝ちで)進呈。(10位の人が最初で、1位の人が残りものではいかんだろう・・・と)最後の人にも選ぶ楽しみを残しておいてあげたところ、意外にもブナが売れ残りました。

 夜はなごや生物多様性センターにて8/20~26の生物多様性サマースクール「なごや生きものいきいきウィーク」の実行委員会。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。このぶろぐの管理者の名の読みを平仮名で入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hashi.asablo.jp/blog/2012/07/25/6522288/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。